キャッシング未経験ですが言わせてください

MENU

住所や電話番号がキャッシングでは重要になる

キャッシングをする際、審査で引っかかることが意外に多いのが、電話や住所だとご存知でしたか?携帯電話なんて今は誰でも持っていますし、家が無いという人もなかなかいません。それでも審査で引っかかることがあるのです。まず住所に関して言うと、ちゃんと住民票と住んでいる家が一致しないといけません。ズボラな人だと引っ越してしばらくは住所変更をしない、なんていうこともありますが、そんな時にキャッシングをしたい、となってもそれは無理というわけです。また、家出同然の生活で、友人の家を転々としているような人もアウトということになります。電話番号で言うと「繋がらない」という状況が大問題になります。電話料金を自動引き落としにしておらず、自分で支払う形にしていると、電話というのはちょいちょい止められます。キャッシングをしてそのお金で電話代を支払おう、と思っていても、そう思った段階で電話が止まっていたら、もうキャッシングはできません。たかが住所や電話番号といえども、侮れないのです。なお、電話番号に関して言うと、携帯電話よりも家に電話が引いてある場合は、より審査が通りやすくなるようです。面倒だから、と申込用紙に家の電話番号を書かないと、もったないことになもなりますよ。普段はしっかりしているのに、たまたま財布を落としたとかのアクシデントがあり、キャッシングを利用するといった様なケースであれば、ある程度信用もあるでしょうし、給与も少ない人ばかりではなく、返済能力の点でも問題ある可能性は低いので比較的審査は通りやすいかもしれません。

キャッシングで避けられない本人確認

どんどんサービスが拡大し、非常に手軽になった印象のあるマネーキャッシング。中には申し込んで30分で借りられる、といったコンビニ感覚のサービスもあり、本当に簡単です。しかし、どうしてもキャッシングするに当たっては避けられないことがあります。それが在籍確認。在籍確認とは、あなたが申告した勤務先に、本当に在籍しているかを電話で問い合わせるというものです。ここを見落とすと、かなり怖いことになります。先ほども書いたように、キャッシングに当たって在籍確認は「絶対に」行なわれます。避ける方法はないと考えてください。本人が電話に出られればベストですが、外回りの人などだと、そうもいかないケースもあります。その際、「○○金融と申しますが、●●さんいらっしゃいますか?」というような聞かれ方をすれば、社内的にも騒動になってしまいます。在籍確認の際には、あらかじめこちらの都合が悪くならないような相談をしておきましょう。例えば「名前で名乗って欲しい」というリクエストは問題ありませんし、かける日時を指定することも可能です。在籍さえ確認できればいいので、「こういう聞き方をしてくれ」という交渉ができる場合もあります。気をつけないといけないのは、何も要求しないと、かなりデリカシーのない聞かれ方をされることです。